確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

コラム

2013年 06月 09日

NTT「確定拠出年金」導入・・・加入者9万人は将来設計を

 

2014年にNTT9万人が確定拠出年金に移行します

 

これまでの確定給付の年金と確定拠出年金では何がどう違うのか
当事者がまずよく理解をする必要があります

 

チェックポイントは以下3点

1)これまでの確定給付であれば、何歳からいくらの企業年金が受け取れたのか

残念ながら企業年金を老後資金としてあまり意識していない人も多いのですが

就労収入を得ることが難しくなる時期に、受け取れる資金は企業年金も含め
きちんと把握すべきです

これまでのルールであれば、何歳からいくらもらえる見込みであったのかを
確認して下さい(過去の権利となるので、あくまでも参考値ですが
確定給付で受け取れるはずだった年金額は、確定拠出年金の60歳時点での
目標資産残高でもあります)

 

2)確定拠出年金移行にあたり一時金があるのか毎月の拠出額がいくらか
(会社が給与のうわのせとして支給する掛金)を把握します

これが新しい老後資金の原資となります

できれば運用利回り1%~3%程度見込んだ歳の60歳時点の残高も
見積りたいものです

 

3)公的年金の受給見込み額も試算しましょう

公的年金 と 企業年金 が老後の主な収入源となりますから

その上で、必要な生活費がどのくらいあり、差額がどの程度生じるのか
試算していきましょう

 

 

公的年金額見込み額を把握して老後の生活設計する方法について
動画を作成しました

ぜひご自身のねんきん定期便をご用意した上で試算してみて下さい

 

50歳未満

資料のPDFファイルはこちらからダウンロードできます

shacho-radio.com/wp/wp-content/uploads/2013/06/under502.pdf

 

 

50歳以上

資料のPDFファイルはこちらからダウンロードできます

shacho-radio.com/wp/wp-content/uploads/2013/06/over502.pdf

 

 

確定拠出年金の導入から運用まで
日本一わかりやすい確定拠出年金のメルマガ発信しています!

ご登録はこちらです ⇒ shacho-radio.com/?p=112

以下の記事も読まれています。


Tags:

Comments are closed.