確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

コラム

2013年 07月 21日

運用指図者・・・積立、本当にできないですか?

 

国民年金基金連合会のホームページにこんなデータが掲載されています

 

確定拠出年金の運用指図者の年齢構成です

 

運用指図者

 

運用指図者とは、掛金の拠出を行わず運用のみを行う人を指します

 

30代、40代と比較的若い世代でも運用指図者が結構いらっしゃるのに驚きました

 

 

新たな掛金拠出ができずに、運用指図しかできない方は以下の方です

  • 企業退職後、専業主婦(第三号被保険者)となった
  • 企業退職後、公務員になった
  • 転職先に確定拠出年金以外の企業年金(厚生年金基金なd)制度がある

それ以外の方は、原則第一号被保険者の個人型、あるいは、第二号被保険者の個人型として、新しい資金の積立を継続させながら節税メリットを享受しつつじぶん年金の積立を継続することができます

 

運用指図だけでは、60歳で資金に引き出しをする権利(加入期間10年以上)にカウントされないため、最長65歳まで資金引き出しが制限される可能性もあります

 

本当に運用指図しかできないのでしょうか?

 

もし、手続きの方法がわからない

運用方法がわからないなど、ご心配ごとがあるのでしたら、弊社にてご相談賜ります

 

年金問題は深刻です

じぶんしか、自分の将来を守れる人はいません

 

 

本当に掛金の拠出は無理ですか?

5000円でも、1万円でもできませんか?

 

 

将来の自分のために、今行動を起こす時ではないでしょうか?

以下の記事も読まれています。


Tags:

Comments are closed.