確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

コラム

2013年 07月 29日

国民年金 保険料免除制度

 

 

経済的な理由などから国民年金保険料の支払いが困難な場合、「免除」を受けることができます

免除の申請もせずに保険料を滞納したままにしておくと「未納」となり、老齢年金、障害年金、遺族年金に影響が出てきます

 

【免除の種類】

前年の年間所得に応じて、以下4つの免除の種類があります

・全額免除

・4分の3免除

・半額免除

・4分の1免除

 

【免除申請の所得目安】

世帯数にもよりますが、以下が免除の前年所得の目安です

4人世帯 夫婦 + 子ども二人        単身世帯

全額免除      162万円以下          57万円

4分の3免除    230万円            93万円

半額免除      282万円            141万円

4分の1免除    335万円            189万円

 

【年金加入期間との関係】

まず免除期間は年金加入期間としてみなされますので、老齢年金、障害年金、遺族年金の年金受給資格を満たす期間にカウントされます

例えば、老齢基礎年金の受給資格期間は25年です

平成27年10月1日から10年に短縮 年金受給資格を満たしていない方は、後納制度を活用し受給資格を満たすことをオススメします

日本年金機構 後納制度について www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=6221

※遺族年金と障害年金についても受給資格期間

日本年金機構 障害年金について www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3226

日本年金機構 遺族年金について http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5170

 

【受給額との関係】

国民年金のお財布の2分の1は、税金で賄われています

そのためその税金分については、保険料免除を受けていても受け取ることができます

・全額免除期間   税金分(2分の1)

・4分の3免除   税金分 + 2分の1 x 4分の3

・半額免除     税金分 + 2分の1 x 2分の1

4分の1免除    税金分 + 2分の1 x 4分の1

※以前は国庫負担分(税金)は3分の1だったので、2009年移行について適用

 

※遺族年金と障害年金は、状況に応じて金額が決まっているので、加入期間の長短によって受給額が変動することはありません

 

 

【猶予制度】

免除は文字通り保険料支払いを免除されているのですが、学生と若年層には、保険料の支払いを「猶予」される制度もあります

 

日本年金機構 学生納付特例 www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000012909WbEmdLsBTH.pdf

日本年金機構 若年者納付猶予制度 www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=139

 

【年金額を増やすためには】

免除にしろ、猶予にしろ、メリットは「年金加入期間」としてカウントされるという点です

しかし、年金額には反映されません(免除は税金分と負担額に応じて支給されますが、それ以上にはなりません)

年金額を増やすには、追納(後払い)をする方法があります

追納は10年で3年以上期間が空いてしまうと、加算金(利子のようなもの)がついてしまいます

 

ちなみに追納で1年分の保険料満額収めると、65歳から受け取れる老齢基礎年金額が約2万円増やすことができます

 

【DV被害者のための免除制度】

配偶者からのDVのために住所地の登録ができない、仕事ができないなどの方もあきらめず窓口に相談してみて下さい

日本年金機構 DV被害者のための制度 www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/free3/0000000011_0000011305.pdf

 

公的年金制度は支え合いの制度です

本当に困ったときに、助けになるべき制度です

大切なことですから、よく理解しておきましょう

なお、相談窓口は市区町村役場です

以下の記事も読まれています。


Tags:

Comments are closed.