確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

コラム

2013年 08月 31日

NISAにらみ株主優待の導入最高

2013年8月31日 日経新聞夕刊 1面

 

来年1月から始まるNISAをにらみ、多くの投資家に株式を購入してもらおうと株主優待の導入を検討する企業が増えているそうです

これは面白いですね!

 

関連記事はこちら⇒ www.nikkei.com/article/DGKDZO59153420R30C13A8MM0000/

株主優待

 

記事には主な会社の優待一覧も載っています

 

どれがいいかなぁ

 

星野リゾートリートの宿泊施設割引券、LIXILのハウスクリーニング割引券、デリカフーズの野菜果物つめあわせ・・・

 

本来の株式投資の入門であれば、こういうのも邪道なんでしょうけれど、私はアリだと思います

未だに株はギャンブルだ!なんていう人がいますが、あなたのお勤め先は株式会社なんじゃないですか?って聞きたい

なにをもって、株式投資がいけないのか

 

経済が良くならなければ私たちの暮らしも良くならない

お金がなければ、生活が成り立たない

生活が成り立たなければ、じぶんのやりたいことも、大切な人を守ることもできない

 

株式投資 = ダメ

 

なんて拒否反応を持たず、優待目当てでも最初は良いから世のなかで頑張っている株式会社の働きに興味を持つことからはじめるでもいいですよね

 

個人的には同じ夕刊に掲載されていたマラソンの瀬古利彦さん(現DeNAランニングくらぶ総監督)の記事がものすごくいいです

 

瀬古さんといえば、S&Bのゼッケンを思い出しますが、昨年エスビーが廃部になり、スタッフ選手全てまとめてDeNAに移籍された経緯が紹介されています

株式会社ディー・エヌ・エーといえば、ゲーム、南場さんというイメージでしたが、瀬古さんの記事を読むとなかなか感動です

サッカーでもバレーボールでも、また他のどのスポーツでも、今企業が支えるクラブって少なくなっていますよね

財政難になると、すぐにカットされるのが、スポーツや芸術などですから・・・

とってもこれは残念なことです

経済活動が豊かになったことの恩恵って、やっぱりそういうとこにありますものね

誇りをもって守るべき分野だと思うのですが・・・

 

NISAは、税制優遇を受けられる国の制度です

利益に対する税金が免除になる制度なので、「利益が出る」運用をしなければ恩恵は受けられません

そのためどう運用するかがポイントとなるわけですが、まずじぶんにとってアクセスがよくいろんな商品を取り扱っている証券会社に口座をつくってそこでいろいろ試してみるのもよい方法だと私は思っています

もちろん運用方針が決まっており、作戦もじぶんで立てられる人は別ですが・・・

NISAについてはこちら ⇒ www.jsda.or.jp/nisa/

 

投資をすることが損なのではなく、投資という資産形成のひとつのオプションを知らずにこれからの人生設計をしようとすること自身が損なのです

 

NISAがきっかけて株式投資 アリです!

株主優待欲しさに株式投資 これもアリだと思います!

 

以下の記事も読まれています。


Tags:

Comments are closed.