確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

コラム

2013年 09月 16日

確定拠出年金 会社員の個人型 損か?得か?

確定拠出年金 個人型 加入できる人は?

厚生年金に加入している会社員を第二号被保険者と呼びます

第二号被保険者でお勤め先に厚生年金基金などの企業年金がない方は、任意で確定拠出年金個人型に加入ができます

この場合、問い合わせ及び申し込み窓口は金融機関です

 

※取り扱い金融窓口の一覧はこちら 

どこが良いか迷った方は、ご相談ください 相談申し込みはこちら 

 

もちろん法人成をされたクリニックの先生や、社員数名をかかえるこれからの会社の社長も対象です

 

毎月の掛金上限は23,000円です

任意の金額ではじめることができますし、掛金の変更も可能です

 

はじめる際は、原則会社に申し出をして給与天引きをしてもらいますが、何らかの事情でできない場合は、ご自身指定の口座引き落としも可能です

税金の手続きは、生命保険料控除のような形で証書が秋口に所定住所に届くので年末調整あるいは確定申告します

 

 

個人型加入時の税制メリットを知るには?

 

確定拠出年金は税金がお得!というのが一番のメリットです

実際に毎月いくらの掛金で積立をしたら、税金いくら戻るのか?

得する金額を確認するには、ご自身の所得税税率が何%かを知る必要があります

 

ご自身の所得税率は・・・直近の源泉徴収票でわかります

 

【ステップ1】

ステップ1 源泉徴収票 税率

源泉徴収票の青い部分から緑の部分を差しひき課税所得を算出する

 

【ステップ2】

ステップ2 対象となる税率をチェック

上の表に当てはめ、対象となる税率をチェックする

※この所得税算出方法は、確定拠出年金の税制メリットを簡易的に知るための方法です

 

【ステップ3】

下の式に当てはめ、掛金に対する税金メリットを試算する

ステップ3 掛金に対する税金メリットを試算

【参考】

確定拠出年金 vs 民間の年金保険 税制メリットの比較です

確定拠出年金 vs 民間の年金保険 税制メリットの比較

確定拠出年金個人型の損得

掛金拠出時(積立時)の税制優遇で考えれば、確定拠出年金個人型はとってもお得です

民間の年金保険と比較しても、どれだけ優遇されているか、一目瞭然でしょう

 

ただ確定拠出年金個人型は、加入にあたり手数料がかかります

手数料が安いと言われるSBI証券の諸経費一覧でも加入時に3,750円 毎月の手数料が163円かかります

(ただし毎月の口座管理手数料は残高50万円未満のうちは、さらに毎月の費用が315円加算されます)

 

また仮に年金保険の予定利率が高いなどの条件によっては、積立時の税制優遇も吹き飛んでしまいます

 

年金保険:月々2万円の保険料を予定利率1.5% 保険料支払い期間30年の場合 ⇒ 年金原資 9,082,317円(利息分 1,882,317円)

確定拠出年金と民間保険の毎年の税制優遇差額 61,200円の30年分 ⇒ 1,836,000円 − 諸経費約70,000円 = 1,766,000円

 

あくまでも一例ですが、結論から言えば、確定拠出年金個人型の損得は、運用次第と言えるのではないでしょうか?

 

とりあえず、無理せず1万円で・・・ とりあえず、減らないように定期預金で運用・・・

 

それでは、せっかくの税制優遇のある「仕組み」でも、最強の老後資金づくりとはなりません

有利な仕組みを最大限に活かすためにも、適切なアドバイザーのもと、資金づくりに取り組まれるべきだと考えます

 

アセットアドバンテージ|確定拠出年金の導入・運用相談

 

以下の記事も読まれています。


Tags:

Comments are closed.