確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

コラム

2013年 09月 16日

マッチング拠出はNISAより有利

 

平成24年から1月から利用可能となった確定拠出年金のマッチング拠出

これは企業型に加入している会社員さんがご自身の老後資金づくりとして任意に利用できる制度です

※実際に利用可能かどうかは会社にお問い合わせ下さい

 

例えば、会社に確定拠出年金以外の企業年金がない会社員の方で、毎月会社から2万円の掛金の拠出を受けていたとします

その場合この方は、任意でマッチング拠出が可能です

その額は、毎月2万円が上限

確定拠出年金以外の企業年金がない会社にお勤めの方の掛金上限は51,000円、マッチング拠出は、この51,000円と実際に会社から拠出されている金額との差額でかつ会社から拠出されている掛金を上回らないというのが条件です

そのため、このケースでは、51,000円 − 会社拠出 20,000円 = 31,000円 かつ 会社拠出2万円を上回らないという制限があるので、マッチング拠出限度額2万円となります

 

さて、このマッチング拠出ですが、会社からの拠出の他に自己拠出をする場合のメリットは、税制優遇です

マッチング拠出をした場合、具体的にいくら税金がお得になるのかを調べるには、源泉徴収票をチェックします

 

【ステップ1】

ステップ1 源泉徴収票 税率

源泉徴収票の青い部分から緑の部分を差しひき課税所得を算出する

 

【ステップ2】

所得税率

上の表に当てはめ、対象となる税率をチェックする

※この所得税算出方法は、確定拠出年金の税制メリットを簡易的に知るための方法です

 

【ステップ3】

下の式に当てはめ、掛金に対する税金メリットを試算する

得する税金額

 

上記のように、マッチング拠出を2万円追加で将来積立をすることにより、所得税、住民税が72,000円も得することがわかります

年間24万円の貯蓄で72,000円の利息がつくのを同じ効果が得られるわけですから、利益率に還元したら30%となります

 

では、最近話題のNISAとマッチング拠出を比較するとどちらが得なのでしょうか?

 

まずNISAには、前述したような掛金に対する税制優遇がありません

つまり確定拠出年金のマッチング拠出の方が、お得なわけです

 

NISAは1年間の投資額が100万円までと設定されています

これに対し、確定拠出年金は企業型、個人型をそれぞれの条件にあわせて、掛金上限が決まっていますが、最高でも自営業者の個人型618000円です

この点では、NISAの方が有利ですね

 

NISAは投資期間5年間に対して配当や売買益が非課税となります

つまり5年が勝負

その点確定拠出年金は原則60歳まで加入可能ですから、多くの場合、非課税メリットを享受する期間がNISAより長くなります

 

NISAが非課税メリットを受けるためには、株式や投資信託での運用が必要です

定期預金については、NISAの投資対象となりません

一方確定拠出年金は、定期預金であっても、利息に対する税金がかかりませんので、その点はNISAより確定拠出年金の方が有利です

 

もちろん、資産形成の目的が短期あるいは中期であれば、確定拠出年金は目的が合わないので活用できませんが、運用上のメリットで考えると、NISAと比較して確定拠出年金の方がメリットが大きくなります

 

企業型の場合は、確定拠出年金のマッチング拠出でさらにご自身の税制メリットを拡大することが可能ですので、活用されることをオススメします

以下の記事も読まれています。


Tags:

Comments are closed.