社長ラジオ登録フォーム

【忙しい社長のための見るメルマガ】大切な社員を守るための、明日からできる節税対策!!

おもしろすぎ!年の差婚の損得

Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

こんな記事がありました

面白いし、わかりやすい!

私なりにちょっと解説を加えてみました

 

記事はここから↓↓↓ ※ハイライトは社長ラジオが自己判断でつけています

 

「熟年離婚」が急増する一方、最近では「年の差婚」が流行になっている。芸能界を見ても、石田純一、加藤茶など、年下の妻と再婚する例は多い。

では、もし石田純一や加藤茶がサラリーマンだったとしたら、年金受給時に扶養家族がいる場合に上乗せされる「加給年金」で、どれぐらい年金額が上乗せされるのか。実は、かなり明暗が分かれる。

石田は現在59歳、理子夫人は37歳、長男は0歳である。石田自身は1954年1月14日生まれだから、61歳から年金を受け取り始め、65歳から基礎年金部分を合わせた年金全額を受給する世代だ。

石田が65歳になった時、理子夫人は43歳、長男は6歳だから、2人分の「加給年金」を受け取れることになる。理子夫人の分は加給年金に特別加算を加えた年約40万円。これを石田は理子夫人が65歳になるまでの22年間、計880万円受け取れ。長男の分は加給年金の年約23万円で、これも石田は長男が19歳になるまでの13年間受け取れ、その額は計299万円になる。

つまり、石田純一は年の差婚によって、年金受給額の観点で見れば計1179万円も得することになる。もちろん、理子夫人が65歳になる時まで石田(86歳)が存命であること、離婚しないことが条件だ。

一方、加藤茶はどうか。現在70歳の加藤は68歳の時に再婚。当時、妻の年齢は23歳。仮に加藤が90歳まで生きるとすれば、妻はその時45歳だから、23歳からの22年間の「加給年金+特別加算」は880万円と計算できそうだ。

だが、実は加藤茶がサラリーマンだったとしても、1円も貰えない。なぜなら、受給条件は「65歳になった時、65歳未満の妻がいる」ことなので、結婚時に68歳だった加藤は制度の恩恵を受けられないのだ。

※週刊ポスト2013年9月20・27日号

 

出典はこちら

 

↑↑↑ ここまで

 

なかなか面白いですね

 

この記事だけでも十分「年の差婚」ってお得なのね!ということが伝わると思いますが、少しだけ情報を追加します

 

【年金受給時に扶養家族がいる場合に支給される加給年金】

 

加給年金とは厚生年金制度にだけある家族手当制度です

ただサラリーマンはだれでも対象になるというものではなく、年金受給時(この場合、65歳を言います)に厚生年金加入期間が20年以上あるかたです

まず被保険者が20年以上厚生年金に加入していること・・・これが第一の条件

 

上記の例でいうと、年の差婚によって石田家が1179万円もの加給年金を手にするためには、石田純一が20年以上厚生年金加入じゃないといけないということになります

石田さん、厚生年金加入者なのでしょうか?ちょっときになります(笑)

 

次の条件は、扶養家族についてです

まず被保険者が65歳になった時に、65歳に達していない配偶者です

ただし、配偶者が20年以上厚生年金に加入していると対象となりません(あるいは奥さんが35歳以降15年以上)

 

例えば、理子さんが20歳からOLをしていて、出産時は育児休業制度を活用し、今は復職、今後も継続というようなケースは奥さん自身厚生年金20年の加入歴を満たすので、加給年金を受けられないことになります

 

少し古いですが、もし小柳ルミ子(会社員歴20年以上)が大澄賢也(会社員歴20年未満)と結婚していたら・・・

このカップルの年の差は13歳ですから、小柳さんが老齢年金受給時から13年間、約40万円の加給年金を受け取ることができる

つまり520万円の得!ということになります

ただし、大澄賢也さんが小柳さんに生計を維持されていることが前提なので、ダンサーとしての収入が850万円以上継続的にあるとなれば受給ができません

 

配偶者への加給年金額は、加給年金額226,300円に特別加算額166,900円を足した393,200円です

 

この金額が対象となる配偶者の方がご自身の老齢年金受給できるまで(つまり65歳)ずっと受けられることになります

結果的に年の差が開けば開くほど「お得」というわけです

 

ちなみに加給年金の対象となっていた配偶者の方が65歳になりご自身の老齢年金がスタートすると、振替加算が受けられます(年間2万円弱ですが・・・)

ただし、ここにも年齢制限があり、配偶者の方が昭和41年よりも前に生まれていることが条件です

大澄さんは昭和40年生まれのようですから、振替加算も対象となりますね

理子さんはザンネンということになります

 

扶養する子供の要件は、厚生年金被保険者が65歳時点で18歳の3月(つまり高校卒業するまで)の子供です

イメージとしては50歳以降に生まれた子供です

すると、女性が被保険者だと、子供の分の加給年金まで受給するのは難しそうですね

ちなみに金額は対象となる子供2人まで一人につき226,300円 3人目については、75,400円です

 

加藤茶さんは、老齢年金受給開始時(65歳)に対象となる配偶者がいなかったので、加給年金はもらえない!

条件があうというだけで年間40万円を受け取れるかどうか差がつくのも、不思議ですね

 

加給年金のように、条件によって定額で支給される年金は、負担する保険料の多寡にかかわらず一定です

仮に孫正義さんのような超高額所得者も、年の差婚で受け取る加給年金は全く同じとなります

 

また、過去の離婚により被保険者本人の(ここでは、石田さん)老齢厚生年金が減額されていたとしても加給年金は減額されることなく定額で受け取ることが可能です

良かったですね、石田さん (笑)

 

 

最後に、年の差婚としていますが、社会保険の場合、正式に婚姻関係になくとも事実上家族とみなされれば受給対象となります

もちろん、戸籍上の家庭があってかつ若い方と別の家庭で、というケースは対象外ですけど・・・

 

ご参考になりましたら幸いです!

 

 

 

 

【忙しい社長のための見るメルマガ】大切な社員を守るための、明日からできる節税対策!!
名前(姓)
メールアドレス