確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

コラム

2013年 09月 22日

STRONG IN THE RAIN

先日新聞にロジャー バルバースさんが宮沢賢治の雨ニモマケズを翻訳された一節が紹介されていました

とっても素敵だったので、ネットで全文を探してみました

STRONG IN THE RAIN

Strong in the rain

Strong in the wind

Strong against the summer heat and snow

He is healthy and robust

Free of all desire

He never loses his generous spirit

Nor the quiet smile on his lips

He eats four go of unpolished rice

Miso and a few vegetables a day

He does not consider himself

In whatever occurs…his understanding

Comes from observation and experience

And he never loses sight of things

He lives in a little thatched-roof hut

In a field in the shadows of a pine tree grove

If there is a sick child in the east

He goes there to nurse the child

If there’s a tired mother in the west

He goes to her and carries her sheaves

If someone is near death in the south

He goes and says, ‘Don’t be afraid’

If there’s strife and lawsuits in the north

He demands that the people put an end to their pettiness

He weeps at the time of drought

He plods about at a loss during the cold summer

Everybody calls him ‘Blockhead’

No one sings his praises

Or takes him to heart…

That is the sort of person

I want to be

雨ニモマケズを英語に訳すとき、いろんな言葉が使われるというの聞いたことがあります

賢治の世界観を伝えるのが難しいからと

確かに賢治は雨ニモマケズと言いながら雨に勝とうとは思ってもおらず、どんな状況であってもじぶんらしくありたいという「強さ」を表現しているとすれば、Strongという言葉の選択は素晴らしいなぁと感動しました

世の中がどうかわっていこうと、自らの生き方は強くありたい

私も無力であっても世の中に支えられる側ではなく、世の中を支える側でいたいと思います

なるべく長く・・・

 

今、国のあり方が大きく揺らぐ中、自分自身を守り支えるのは自分だけ

 

そして、大切な人を支えられるかどうかも、自分次第

 

現代におけるSTRONG IN THE RAINは、経済的自立もひとつかもしれません

以下の記事も読まれています。


Tags:

Comments are closed.