確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

コラム

2014年 01月 21日

この大増税時代を生き抜くために!

 

昨日の日経記事でこういうのがありました

2014年1月20日 日経記事「高給取り狙い撃ち? 家計負担、年収1500万円なら75万円増

記事はこちら ⇒ www.nikkei.com/article/DGXNZO65547960Z10C14A1SHA000/

タイトルだけをみると、年収1000万円を超える高所得者だけに関係する記事にも見受けられますが、年収500万円世帯でも年間30万円ほどの手取りの減少が起こりますから、ぜひ記事全文をお読みください

 

この大増税時代にどう備えるか!!

 

節約もさる事ながら、「自分の資産を増やしながら、税金を得する方法」をもっと考えるべきだと思います

 

以前もお伝えしましたが、自らのキャリアアップのために勉強して、その費用分の税金キャッシュバックを受けることもできます

⇒ 特定支出控除の活用法 記事はこちら shacho-radio.com/?p=2196

 

仮に資格取得に20万円かかったとしたら、年収500万円所得税率10%、住民税率10%の方なら合計20%の税金のキャッシュバックが受けられますから、実に40,000円もの税金を取り戻すことができるわけです

 

もし年収500万円で、うち年間の生活消費が200万円という家計であれば、4月からの消費税増税の影響は年間6万円ですから、自らのキャリアアップで増税分のうち3分の2は回収できる計算になります

 

同じく昨日産経新聞に掲載された私のコメントです

2014年1月20日 産経新聞「個人型確定拠出年金 NISAより手厚い税制優遇

記事はこちら⇒ sankei.jp.msn.com/life/news/140120/trd14012009300009-n1.htm

 

同じく年収500万円、所得税10%、住民税10%の会社員が月々2万3,000円、自分の老後のための貯蓄をしたらその仕組みを使うだけで55,200円もの税金を取り戻すことができます

これを利息と考えれば、20%の金利と同じ利益です

産経ニュース

税金は国を動かすためのルールです

ルールは知らないとゲームに参加できませんし、楽しむこともできません

 

 

同じお金を使うなら、自分の身になるお金の使い方をしましょう

支出した先が、自分であれば、お金の価値は倍です

 

税金のルールを知ることって、この大増税時代を生き抜くためには、とっても必要なことだと思います

 

 個人型確定拠出年金のご相談は、こちらで承ります

ご自身の節税と資産形成、今こそしっかり考えましょう

 

以下の記事も読まれています。


Tags:

Comments are closed.