確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

メルマガバックナンバー

2014年 06月 25日

OGさんを呼び戻しませんか?

最近私がいただく講演のご依頼で多いのが、「女性向け」研修です

以前多くご依頼いただいていた「女性のための」保険の見直しや
「女性のための」資産運用といったものではなく

もっと、ポジティブに女性が「これから」を歩んでいくための
話をして欲しいというようなご依頼が目立ちます

例えば、ある金融機関さんでは、妊娠・出産で退職された女性たちが
職場復帰を考えるきっかけとなるような講演をというご依頼でした

雇い側としても、会社の仕組み、ルールをよく知っているOGさんが
職場復帰してくれた方が、教育のコストも少なく助かるわけですし、
受講する女性側にしても、やはり以前の職場は再就職するにもなじみやすい
というメリットがあります

こういう働きかけは、今後注目されるだろうと思っています

特に、小さいお子さんを抱えて、今すぐには働くのが難しいと考えている方にとっても、
近い将来の目標を掲げてあげることはその方のモチベーションにつながります

最近の流れからいくと、配偶者控除の見直しが決定し、女性にも社会保険料の
負担者となることが早々に実現するでしょう

仮にそれが5年後であったとしたら、5年後に新しい働き方を考える人より、
今から5年後の職場復帰を目指して意識を高くしている方のほうが会社
としての評価は高くなるでしょう

私自身もそうでしたが、子育て期間を通して視野が広がるってケースは
多いと思います

概して仕事ができる女性は、家庭でもよくがんばりますから、子育て中で
あっても会社が連携を保っていれば、仕事に役立つ提案を「家庭」から
発信してくれる女性もたくさんいるのではと思います

OGさんを職場に呼び戻す

定期的な勉強会や交流会など、成果が期待されます

ただ会社側にぜひお願いしたいことは、「スーパーウーマン」を期待しすぎないこと(笑)

男性にも、できる社員と、そこそこ社員と、どーでも社員がいるじゃないですか^^

女性社員も十人十色

「働く女性」を枠にはめずに、いろんな働き方、生き方を許容する職場を
作って欲しいな~って思いますね

女性管理職の数字が大事なんじゃないですもんね

女性が戦力として会社に貢献してくれることが会社としては大事なことです

であれば、女性が楽しく、元気で、売り上げを上げてくれるような「流れ」も必要かと思います

女性にとっては、職場にロールモデルがいないことも不安要素です

でも、自分自身がロールモデルになるんだっていう意識も必要ですね

私を含め今50歳前後の女性は、男女雇用均等法1年生で社会に出た人たちです

総合職、一般職という名称はできたものの、実態伴わず、それでも職場に残り
がんばった方もいれば、一旦家庭に入った方もいます

このあたりの年齢の女性がスピーカーとなることは、20代・30代の女性たちに
とって励みになるのではないかと思います

<7月のセミナーのお知らせ>

7月29日(火) 午後7時~
年収500万円の会社員が毎年5万円以上得する自分年金

詳細・お申し込みはこちらです
wiselife.biz/after-work-seminar-july.html


Tags:

Comments are closed.