確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

メルマガバックナンバー

2015年 04月 28日

奨学金の返済も所得控除にしたらいいのに

先日JIJICOさんという専門家によるコラムサイトに
こんなタイトルのコラムを寄稿させていただきました

親の収入により生じる教育格差、
借金を背負い社会に出る子どもたち
最近よく聞きますよね

教育格差
親の年収と子どもの学歴は正比例するとか

すべてがすべてではないと思いますが、
確かにこの傾向はあると思いますね

というか、成功している方たちの多くは教育の大切さ、
必要性を非常に強く感じているからだと思うのです

仕事のできるできないに学歴は関係ない

というような方もいらっしゃいますが、
学歴は関係なくとも学力は必要です、少なくとも

勉強をするという勤勉さ、努力は、
社会で成功するためには不可欠な慣習です

なので、お金だけの問題ではなく、バックグランド的にも
親の年収が子どもの教育に大きく影響を及ぼす可能性は
とても大きいと私も考えています

でも親にお金がないからといって、子どもに教育を
受ける権利がないなんて、そんなことは絶対に許されません

学びたいという気持ちを支える仕組みはなくては
ならないものです

またそういう人の中に、きっと光る人材も
たくさんいるんじゃないかと

日本では、奨学金制度があり、希望する学生は
低利でお金を借りることができます

実際奨学金を借りている人はほんとうに多くなってきていて、
わたしのコンサルティングにお申込みされる方にも
かなりの割合で奨学金の返済をしている若い方がいらっしゃいます

いやぁ、大変ですよ
だって、若い人は給与も少ないですから

そこから奨学金の返済です
いわばマイナスからの社会人スタート
結構きついです

いっそのこと、奨学金の返済は所得控除に
するとかなんとかないんでしょうか?

なんかそのくらいの便宜ははかってあげても
良いように思うんですけどどうですか?

会社としても優秀な人材の採用、育成のために奨学金を
返済している方向けになにかベネフィットを
考えてもいいんじゃないかなって
思ったりもするんです

記事ではスターバックスのすごい
取り組みを紹介していますが、
ま、ここまで行かなくてもね・・・

★☆★☆動画サイトオープンしました★☆★☆
たった3分で一生お得!
おかねの先生~山中伸枝のマネQtube~
money-qtube.com/

今日ご紹介した記事はこちらです
jijico.mbp-japan.com/2015/04/22/articles17396.html


Tags:

Comments are closed.