確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

社長のお悩み処方箋

2016年 02月 14日

採用からみた確定拠出年金、とりあえず社員には個人型を勧める

こんにちは、小さい会社の社長の節税と自分年金作りを応援する社長ラジオの山中伸枝です

中途採用した社員が、「社長の会社、確定拠出年金がないんですか?」って言って来たら・・・

社長の会社、ないんですよね

であれば、しょうがない

「個人型に自分で入って」 って、言うしかありません

 

あー、残念です

社長のこの一言で、社員さんのモチベーションがちょっと下がったかも・・・(もちろん、「確定拠出年金って何それ?」と社長が言ってしまうより100倍マシですが^^;

中途採用の社員さん、前勤めていた会社が確定拠出年金をやっていると「個人残高」をもっているんですね

これは前の会社が積立てくれたその人の老後資金なんです

老後資金なので、簡単に引き出すことができず、そのまま60歳まで持ち続けることが原則なのですが、ここが分かれ目なんですね

社長の会社に転職する、社長の会社には確定拠出年金がない

っとなると、彼の選択肢はたったひとつ

自分で「個人型」確定拠出年金に入る手続きをする

これがですね、何も知らない人だと結構てこずるんですよね
面倒なんです

それに、個人型の確定拠出年金って窓口が結構いっぱいあって、そこによって手数料も違うからテキトーに選ぶのも良くないんですよね

それにその手数料も「個人型」だと個人持ちとなるのでなかなかね、モチベーションがわかないわけです

ただし、そのまま放っておくと国の方にお金が格納されちゃって、60歳で下すときこれまた面倒になるので、ますますやっかいなんです

なので、せめてもの社員さんへのアドバイス

「うちの会社には確定拠出年金がないから、個人型にして」と

っで、こう付け加えてください

「個人型の窓口選びって大変だっていうから、そういう時はこのサイトを見たらいいよ!」とこちらをお勧めください
→ 確定拠出年金そうだんねっと http://wiselife.biz/

私が運営するサイトです(笑)

このサイトにある個人型確定拠出年金加入マニュアルがお役にたつはずです

でも、やっぱり社長このアドバイスは残念ですよ
次回は、社長自身にもメリットになる社長の会社で確定拠出年金を導入する方法をお伝えしますね

 

まるわかりセミナー

 


Tags:

Comments are closed.