確定拠出年金の社長ラジオ

有料相談お申し込み 03-6215-8312 【電話受付時間】平日9:00-18:00
MENU

社長のお悩み処方箋

2016年 03月 05日

マイナス金利で確定給付型はますますピンチに!

こんにちは、小さい会社の社長の節税と自分年金作りを応援する社長ラジオの山中伸枝です

マイナス金利が話題です

そもそもの狙いは、企業の融資にお金が回る事ですが、社長のところはどうですか?

今後の事業展開に期待できる融資の話、来てますか?

 

私は法人さんの企業年金コンサルの仕事が中心なので、気になるのはマイナス金利におけるいわゆる確定給付型企業年金のデメリット

 

何度も言っていますが、確定給付型は、会社(多くの場合会社が委託した金融機関)が将来の従業員の年金資産を運用するわけですが、市場での運用がうまくいかないと計画との差分を会社が穴うめしなければならなくなります

企業年金の場合、リスクはあまりとらずに安全志向で運用するので、国債中心のポートフォリオになるのですが、国債の金利が低ければ計画とのかい離も大きくなるのは必然です

ま、株価も大分下がっていますので、相対的に債券価格は上昇しているものの、標準的な企業で想定利回りは1.5%程度にしているでしょうから、その差額補てんは今後深刻化してくるでしょう

 

確定給付型企業年金の最も大きな弱点は、企業のコアである事業とは別のところで決算が左右される点です

想定される利回りと実質利回りとの差は決算上負債に計上しなければなりません

また株式市場が低迷している時は、すなわち企業年金の運用もうまくいっていない時ですから、ダブルパンチなわけです

 

これだけの財務リスクを企業って今後もとり続ける必要があるのでしょうか?

確定給付型企業年金は社員へのコミットメント?

そうではないんじゃないかな~

 

少なくとも、社長はご自身の会社のあるべき姿として、将来にわたり市場運用リスクまで負いたいでしょうか?

社長の経営のゴールとして、どうあるべきか、お考えになると良いかと思います

 

優秀な人材を採用するためにも企業年金制度を導入したい

もしそうお考えであれば、確定拠出年金という選択肢の方が現実的です

 


Comments are closed.