確定拠出年金の社長ラジオ

確定拠出年金の社長ラジオ

2013年 12月 04日

自分の名前を大事にしよう!

 

お客様の資産運用コンサルティングをお受けしていて、残念だな~と思うこと

企業様の研修にお伺いしていて、残念だな~と思うこと

それは・・・

お客様が「自分の名前のついているものに非常に無関心であること」です

たとえば、年収を伺って、すぐに出る人は少ない
さらに、自分が負担している税金、社会保険料を把握している人はほとんどいない

そろそろもらう源泉徴収票もしかり

毎年もらうのに、もう何年ももらっているのに、なぜそこにその数字が入るのか疑問に思うこともない

ねんきん定期便もそう
これまでの給与額だって書いているものすごい個人情報の塊なのに、捨てちゃったりしている
何歳からいくらくらいのねんきんを支払いますよ、という国からの証拠品でもあるのに、見てもいなかったりする

一方で、世間一般のはなしにとっても興味がある

30歳だと貯金がいくらないといけませんか?

月収の何%くらい積立しなくちゃいけませんか?

保険料2万円は高いですか?

などなど

ナンセンスです!

世間一般のはなしはワイドショーみたいなものであって、自分自身の問題ではありません

 

一番大事なのは「自分」

そして「自分」のライフプランを作る時に必要なのは「自分の情報」

 

それってつまり、自分の給与明細であったり、自分の源泉徴収票であったり、自分のねんきん定期便であったりする

自分のことにもっと関心をもって、自分のことを考えて欲しいな~といつも思います

 

だって、自分の将来を作るのは自分だもの

自分のことを知ること、もうちょっと考えてみませんか?

 

給与明細も源泉徴収票もねんきん定期便もじっくりみてみましょう

 

未来の自分は今の自分の延長線上にあります

どういう自分でありたいか、自分の将来を描くことに、もっと関心をもって欲しいです

そして将来の自分が持っていたい資産についても考えましょう

ゴール設定なくして、日々の努力は意味がありませんもの

 

 

【社長ラジオご愛読感謝キャンペーン】

キャンペーン

 

プレゼントさせていただく書籍のご紹介です

 

小さな会社のためのお金の参考書は、ファイナンシャルプランナー、保険営業のプロ、士業の先生方など20名の専門家によるコンサルティングのポイント集です

経営者様が知りたい、経営者様に知っていただきたい情報が満載です

私も20名の専門家のひとりとして取り上げていただいております

 

選択制確定拠出年金Q&Aは、まだまだ知られていない制度全般を解説した小冊子です

この分野は専門書が少ないなか、わかりやすくまとめさせていただきました

 

キャンペーン開始から数日しか経過しておりませんが、すでにたくさんの方にご応募いただいております

締切を12月25日としておりますが、もっと早くにご用意の書籍がなくなりそうです

ご希望の方はぜひ早めにお申し込み下さい ⇒ shacho-radio.com/?page_id=2066

以下の記事も読まれています。

Tags: