確定拠出年金の社長ラジオ

確定拠出年金の社長ラジオ

2013年 03月 21日

節税・自分年金作り・社会保険料削減 一気にできる選択制確定拠出年金

 

節税・・・したいですよね!

自分年金作り・・・もちろん必要ですよね!

社会保険料削減(会社も個人も)・・・したくない社長いません(笑)

社長ラジオイチオシは、選択制確定拠出年金の導入です

選択制確定拠出年金は、従来の確定拠出年金とはちょっと異なり、社員が自発的に給与の中から自分年金の積立をします

(財形貯蓄のようなイメージです)
この自発的な積立金は、社会保険料の計算の元となる算定基準ではなくなるため、結果として社会保険料の負担が会社も減り、個人も減ることになります

jpg1

確定拠出年金は、節税しながら自分年金の積立ができる国の制度です
掛金は全額所得控除ですから、生命保険会社の年金保険などと比較してもその節税効果は絶大です
年金負担は社長といえでも深刻ですから、ぜひ確定拠出年金は活用したいもの・・・

でも従来の企業型確定拠出年金は、企業負担がやっぱり大きかった
特に中小企業ではなかなか取り組めないのが実情でした

でも、この選択制確定拠出年金(別名ユニクロ型)なら社長の会社も大丈夫!!
事業規模を問わず大企業並の人事制度を導入することができます

例えば、給与30万円の社員20名雇っている会社では、毎月の給与負担が600万円で社会保険料の負担率は平成25年3月

現在約15%ですから、その毎月の負担額は90万円です
もし選択制確定拠出年金を活用して、社員が毎月1万円ずつ、自分年金積立をしたら・・・
社長の会社の社会保険料、毎月約3万円下がります(実際には等級によります)

もし社員が毎月3万円の自分年金積立積立をしたら・・・
社長の負担が毎月9万円減ります

Baidu-IME_2013-3-21_7-51-9

確定拠出年金の目的はあくまでも公的年金では不足する老後資金の準備ですから、社会保険料の削減は目的はありません
しかし、今の時代自社で退職金を作るのも大変ですし、いわゆる厚生年金基金などの企業年金も将来性は全く見えない状況ですから、それでもなんとか社長および社員が安心して老後資金準備を進めるためには、社会保険料削減はとても魅力的なモチベーションとなります

選択制確定拠出年金は、企業型確定拠出年金のアレンジ系ですから、通常通り管轄は厚生労働省できちんと規約申請をして実施します
社会的にも認められている制度ですので、活用しない手はない!

社長ラジオでは積極的にお伝えしていきます

 

以下の記事も読まれています。

Tags: